使える海外携帯(GSM携帯)の選び方


海外で携帯電話を使うときのさまざまな方法・関連サイト・サービスをリストアップしてみた。

1.日本の携帯をそのまま海外で使用

日本と同じ番号が使える。海外で隣にいる人にかける場合も、一度日本にかけてからローミングすることになるため、現地の番号に何度もかける場合、通話料金が高くなる。以下のようなサービスがある。

日本で海外専用携帯レンタルサービスを利用

海外用携帯電話のレンタルサービスを利用する。短期で使用する人にとっては便利だが、アメリカや中国など日本人がよく行く国の番号しかない。ただ、海外によく行く人にとっては、毎回番号が変わってしまうので不便。以下のようなサービスがある。

3.現地のレンタル携帯電話を利用

日本人があまり行かない国の現地に短期滞在し、集中的に使用する人むけ。何度も海外に行く人にとっては毎回番号が変わるので不便。現地に行くまで番号が分からないことも多く、事前に知人に番号を知らせておけないこともある。

4.GSM電話機+SIMカード+プリペイドカードを購入

自分で電話機本体(GSM携帯電話)を買っておき、現地(もしくは日本)でSIMカードとプリペイドカードを購入する方法。ひとつの国に長期滞在する人には便利。ただ、有効期限があるので日本と海外を頻繁に往復する人には、5や6のほうが便利。

日本でのGSM携帯購入方法:ネット通販、もしくは秋葉原のラオックス本店などで日本にいながらGSM携帯電話機を買うことができる。GSM携帯電話にはデュアルバンドとトライバンドがあり、トライバンドを買っておけば、ヨーロッパでもアメリカでも使うことができる。日本の携帯電話と違い、本体、SIMカード、SIMカードと同じ会社のプリペイドカードの三つがそろって初めて使うことができる。SIMカードは日本でも購入することはできるが、種類は限定されてしまう。ちなみに私が調べた中で、日本でGSM携帯電話を購入するのに一番安いのはCell Questという日本人が経営するフィリピンの会社。

5.GSM電話機+ポストペイドSIMカードを購入

料金後払いのポストペイドSIMカードを購入する方法。一度契約すれば有効期限がないので、海外を頻繁に往復する人(特にローミングサービスを提供している本拠地の国周辺への渡航)には便利なサービス。以下のようなサービスがある。

モベルコミュニケーションズ:イギリスからのローミングになるが、140カ国(使用可能エリア)で使用可能で。月額基本料無料で無期限。