政策提言の基本プロセス


政策提言を効果的に行うためには、その政策に関する十分な事前調査を行い、提言を行う最適なタイミングと対象を見定め、説得力ある論理を構築し、多くの市民の支持を得ることが大切である。

具体的には以下のようなプロセスがある。

  1. 現状分析・戦略立案:問題・課題の明確化、目標の策定、最適なタイミングと最適なターゲットを見定め、ターゲットの弱点の発掘、提言手法の立案など
  2. ポジション策定、提言書作成:提言内容の決定、提言書・要請書・ポジションペーパーなどの作成
  3. 提言の実施:政策担当者・議員との対話、要請。提言書・要請書の配布。メディアアピール、署名の募集・送付など。
  4. フォローアップ・レビュー:手法の検証、提言手法の練り直し・再実施

政策提言に便利なリンク

政策提言を学ぶリンク