リーダーシップと自己管理ノウハウ


リーダーに必要なビジョン、アイデア、意思決定、人間関係の考え方とスキルを紹介する。

ビジョン

  • その組織・グループの将来像(ビジョン)を描くことが出来なければ、リーダーになることは難しい。
  • ビジョンは半年後や1年後などの短期的で現実的なものから、5年後や10年後などの長期的な理想像まであり、多くのリーダーは1年後のビジョンで満足してしまう。
  • ビジョンは情報の空白からは生まれにくい。ビジョンはその分野におけるある程度の知識・情報を必要とする。
  • ビジョンをシンプルで具体的な言葉に置き換えることで、周りの多くの人がイメージしやすくなる。

アイデア

  • オリジナルなアイデアは情報・知識の空白からは生まれにくい。画期的なアイデアは、その分野におけるある程度の知識・情報を必要とする。
  • アイデアは失敗から生まれる。大切なのは失敗によって学び、そこからカムバックする精神力である。

意思決定

  • 今決断しないでおこうという決断が、大きな落とし穴の一つになることがある。いま決めないときは、いつ決めるのか、どういう状態になったら決断するのかを決めることが重要である。
  • 自分の意思決定を他人に擦り付けない。自分が決断しなければならない決定事項は、常に自分の意思で決定し、結果に責任を持つという姿勢が重要である。

人間関係

  • リーダーは偉いわけではない。リーダーは人間関係のひとつの形態でしかなく、信頼できるメンバーがいて初めて成り立つものである。
  • 自分ひとりで出来たとしても周りの人に助けてもらうことで、新たな可能性が生まれる。
  • 時間やお金にルーズなリーダー、責任をとろうとしないリーダーは信頼されない。仕事は信頼である。
  • 偉い人には、あたかも偉くない人のように接し、偉くない人には偉い人のように接することで、喜ばれることが多い。

自己管理の基本

  • 仕事の順番を考え、効率を高める:例えば集中力を必要とする仕事はできるだけ午前中に行うようにしたり、集中力がだんだん途切れてくるので、単純作業などを途中で入れてみよう。一日の時間帯によって仕事の順番を工夫してみるとよいかもしれない。
  • マルチトラックな時間軸を鍛える:あるひとつの仕事を行う時にその工程を想像して、時間のかかる部分、手間のかかる要素がどこにあるか、イメージすることを習慣にしてみよう。一日、一週間、一ヶ月、一年間など仕事のプロセスは様々で、たいていプロセスの異なる仕事が複数同時進行しているので、混乱してくるが、最初は表にしてみたりしてマルチトラックな時間軸を鍛えていくのが良いと思う。
  • 決断すること:今決断しないでおこうという決断が、大きな落とし穴の一つになることがある。いま決めないときは、いつ決めるのか、どういう状態になったら決断するのかを決めることが重要。
  • 期待という人間の心理をつかむ:よく10分遅れると連絡して30分遅れる人がいる。本人は遅れるときに申し訳なくて過小評価したのだろうが、待たされた相手はフラストレーションがたまる。これといっしょで、人は、瞬間的に、自分をよく見せたい、相手によく思われたいと思い、期待より高いところに設定しようとするが、期待よりも低い場合、イメージはダウンしてしまうことが多い。だから相手の期待を最初低く設定しておいて、実際の成果を高く出すほうが、大体の場合に相手の印象は良くなる。

リーダーシップを学ぶ本

リーダーシップ論・リンク